ブログパーツ

2012年01月14日

島田紳助問題にモノ申す!!

島田紳助問題にモノ申す!!

先日会見でよしもと関係者が紳助復帰を臭わせることを口にしましたがその後、なんの進展もないままですがみなさんはどう思います?

この問題は賛否両論あると思いますが、もちろんオイラ芸能界の人間じゃあないし
内情が詳しいこと解ってるわけではないのですが一言申したい、


復帰を臭わせたあの会見、そのことに紳助自身が関与してたかどうかは解りませんが、しばらく芸能界を離れた紳助、別に紳助が居なくとも何ら影響もなく進んでゆくテレビ界に紳助自身もきっととまどってると思います、

しかも引退会見のあと自身が親友と崇めていた”明石家さんま”でさえ引退を笑いのネタにするし”とんねるず”や”ナイナイ”ら後輩まで…、人望のなさが露になりました、


止めに会見で発した「尊敬していた”上岡龍太郎”さんと同じ年代で引退を決意した」、という紳助の言葉に”上岡龍太郎”は「紳助くんと一緒にしないで欲しい、私は円満退社なのだから…」って、この人望のなさはなんなんだろうか?

そういえば過去、長年コンビを組んでた”紳竜”の竜介が亡くなった席で、涙を流して弔辞を詠んでたのを思い出した、


あの時の涙は本当なのだろうか?オイラもうこの時に”紳助”の涙の裏に隠された本当の姿に気づいてた、

何故、竜介があんな風になる前に助け舟を出さなかったのだろうか?

このことに関して周りにいる芸人仲間は未だに多くは語らない、


”紳竜”を解散して司会者として成功を成し遂げた”紳助”、かたや”竜介”解散後上手に芸能界の波に乗り切れずいろんな商売に手を出すがことごとく失敗、

たまに入るVシネマのチョイ役なんかで食いつなぐが、それも芸能界の厳しさに乗り切れずあんな結果になってしまった、

そのころ自分の番組を持ってた”紳助”は元相方の”竜介”を何故自分の番組に呼んでやることはできなかったのだろうか?


こんなことをこのブログに書いてしまってオイラいいのだろうか?

何故って?こんな”紳助”でも冠番組続けていて本質を見抜けない人間が、”紳助”信者みたいな人も多いのは事実、実際オイラも現役時代の”紳助”番組はよく見ていましたから…、

だから、”紳助”引退の報道を見て驚きもしたし、黒い付き合い?そんなもんどうでもいいだろうって思ったのも本心です、

しかしながら、今回の引退はなぜそんなに安易に決められたのでしょう?それは不動産関係でもうまくいって、ある程度の資産があってからの決断だったのでしょう?

以前マネージャーに暴行を加えて訴えられた時にはそんな判断はできなかったはずです、
何故ならその時は、これから暮らしていける資産が不十分だったから…、

オイラにとって”紳助”が黒い関係だろうが何だろうがどうでもいいのです、
本質は、冠番組を多く抱えた”紳助”が、自分自身の生活が困らないからといって、
安易に引退を決意したことが腑に落ちないのです!

その後番組が終わる”ヘキサゴン”オヤジのように頼ってた”上地雄輔”はどうなる?”紳助プロデュース”で離島に飛ばされた”レギュラー””のっち”はどうなる?”新撰組ディアン””波田陽区”は?

”上地””のっち”はちょこちょこ仕事はあるみたいだからまだいい方、しかし”レギュラー””新撰組ディアン””波田陽区”は悲惨なものです、

”紳助”について行けばきっとうまくいくと思い着いて行ったのに中途半端に終わってしまったのだから…、

まあ、自分たちの実力があればそこから履い上がるものだろうから一概には”紳助”のせいではないのだろうでしょうけど…、

しかしオイラにはこの引退劇どうも腑に落ちない点がいっぱいで、”よしもと”のお偉いさんが会見で”紳助”復帰の後押ししたのが違和感ありありでしかたない!

まあ、オイラがここで何と言おうと、1本出演料ウン十万取ってた一応一流芸能人、不動産がうまくいってるからといって、芸能界ほど甘い汁はありません、”紳助”の復帰は間違いないでしょう、

でもしかし今後活動するときは、もっと人の痛みが解るようになって復帰してもらいたいものです。

posted by ゆきお at 04:23| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。